お問い合わせ
03-6435-3788 ※東日本エリアはこちら
06-6358-2969 ※西日本エリアはこちら
【受付】
9:00〜17:30 月〜金
(祝祭日除く)
お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

人材育成サービス
HumanResource Development

  1. NTT ラーニングシステムズ株式会社 営業本部
  2. 人材育成サービス
  3. トレンド情報
  4. 優れたマネージャーとは?マネージャーに求められるスキル

トレンド情報

優れたマネージャーとは?マネージャーに求められるスキル

2019.01.07

組織の成果を上げる。

社員のエンゲージメントを高める、など。

組織においてマネージャーがなすべき役割はとても重要です。


マネージャーが本来の役割を発揮できなければ、組織運営は立ち行かなくなるでしょう。

マネージャーに必要なスキルは多岐にわたりますが、重要なものの中に
「リーダーシップ」と「マネジメント」があります。


「リーダーシップ」

目標達成に向け、自発的に行動し率先してチームを導く能力をさします。
目標達成に向けた道筋・戦術を構築し、現場レベルで課題解決を推し進める、
また、チームメンバーのモチベーション管理やスキル開発支援を行う
などメンバーを直接的に牽引しながらチームの成果を高めます。


「マネジメント」

目標達成に向けた各要素の把握・分析・管理等を行い、チームメンバーをまとめ、
チームが最大の成果を導き出せるように支援し、業務を遂行する働きをさします。


組織を成長に導くマネージャーには、組織の状況に応じて、
リーダーシップとマネジメントの両輪を上手く回すことが求められます。

新しいことを始めるときや、組織が停滞しているときは
リーダーシップを発揮し、具体的な目標や結果を示し、率先してチームを牽引し
それを実行に移す際には、いつ、何を、どのように進めていくかを考え
管理・推進していくのです。


よく混同して話をされる場合がありますが、
そのスキルには明確な違いがあり、この違いを理解することで
今の組織に不足している人材や個人のスキルについて認識しやすくなります。

組織を率いるためには、マネジメントよりもリーダーシップが重要だという話もありますが
それも時と場合によるものです。

上司という立場にある以上、必ずマネジメントという側面も必要になりますし
リーダーシップを発揮する必要もあるのです。


このように組織にとって重要なマネージャーですが
より優れたマネージャーとは具体的にどのような人のことをさすのでしょうか。

企業によって、その要件は異なるところもありますが、考える一つのヒントとして
Google社が発表している”優れたマネージャーの行動規範”が参考になるかもしれません。

 

■Googleにおけるマネージャーの行動規範

  1. 良いコーチである

  2. チームに任せ、細かく管理しない

  3. チームの仕事面の成果だけでなく、健康を含めた充足に配慮し、
    インクルーシブ(包括的)なチーム環境を作る

  4. 生産性が高く結果を重視する

  5. 効果的なコミュニケーションをする
    人の話をよく聞き、情報を共有する

  6. キャリア開発をサポートし、パフォーマンスについて話し合う

  7. 明確なビジョンや戦略を持ち、チームと共有する

  8. チームにアドバイスできる専門知識がある

  9. 部門の枠を超えてコラボレーションを行う

  10. 決断力がある

(引用)https://rework.withgoogle.com/jp/guides/managers-identify-what-makes-a-great-manager/steps/learn-about-googles-manager-research/

 

Googleでは、2009年からマネージャーの特性を調査・分析してきました。
2018年2月にその内容が更新され、夏には日本語サイトで公開されています。
そして、最新の優秀なマネージャーの要件が上述の通りです。

この10項目をみると、リーダーシップやマネジメントはベースにあるとして
チームメンバーとの「コミュニケーション」の重要性をはじめ
優秀なマネージャーはチームのサポート役としての役割が大きいことがわかると思います。
これは先月号でお届けしたサーバントリーダーシップに通じるところかもしれません。


また、コミュニケーションの重要性でいうと
サイモン・シネック氏の「ゴールデンサークル」の考え方も大変示唆に富んでいます。

人はwhat、howに動かされるのではなくwhyに動かされるというものです。

人は「何を」「どうする」といった説明だけでは動かず、
「なぜそれを行うのか」という目的(Why)が腹落ちした時に動機づけられます。

マネージャーは意識して、仕事の目的やチームの目的=存在意義・理由を語ることが重要なのです。


マネージャーの育成は、どの企業にとっても長年継続した課題として挙げられます。

必要なスキルは、各社によって、また組織の状況に応じて異なるところもありますが
もし、マネージャーの育成に漠然と課題を感じているならば。

まずは御社に必要なマネージャー像を改めて整理してみるのはいかがでしょうか。


メルマガ登録

皆様が育成を考える際のヒントになるような情報をお届けしております。
ご興味ある方は以下よりご登録ください。

登録フォーム

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

CONTACT

お問い合わせ

東日本エリア

03-6435-3788

【受付時間】9:00〜17:30
月〜金(祝祭日除く)

西日本エリア

06-6358-2969

【受付時間】9:00〜17:30
月〜金(祝祭日除く)

お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

pagetop
Copyright NTT Learning Systems Corporation,All Right Reserved.