9.「講師って誰でも同じじゃない?」

先日、テレビを見ながら料理をしている時に、それは起きました。

テレビに夢中で、料理の事は忘れていたのですが、悪臭が部屋に漂いました。
しまった!と思った時にはもう遅く、鍋が空焚きになって焦げていました。
もしこの状況でテレビに没頭し続けていたら、、、考えるだけでゾッとしますね。

皆様はどうですか?ヒヤリハットの経験はありませんか?

仕事の場でも、命に関わるようなヒヤリハットが数多くありますし、NTT西日本グループでも、事故はなかなか無くならない、と聞いています。
村尾社長も安全対策を強化する方針と伺っており、社長認定試験に、「作業安全」のラインナップを検討され始めています。

ここで求められるものは、より現場実態に即した「実効性の高い」学びの場です。

そこで弊社が特にこだわったのは、「事故の分析及び防止策の立案」を実践型の研修として、ファシリテートできる「講師」です。
受講生は、この研修で何を求めているのか? それを考えに考え抜きました。永遠のテーマである「作業安全」、これは人命に関わる事であるからこそ、一般論では対処できない様々な悩みがあるのではないか、その悩みについて相談したいのではないか。
この掘下げた仮説に基づき、それらを解決するコンサル講師を徹底的に探し、見つけ出しました。

「講師って誰でも同じじゃない?」 今回の受講生は全く顔つきが違いました。

「事故分析に基づく改善事例として、他社ではどのようなものがあったか?」
「マニュアルに規定する範囲を越え、安全意識を社員に植え付ける方法にはどのようなものがあるか?」
など、休憩時間も、講師の周りに質問者であふれていました。

「講師って誰でも同じじゃない」のです。

 


お問い合わせ

  • 06-6358-2969
  • 092-433-2580※九州エリアはこちら

【受付時間】9:00〜17:30
月〜金(祝祭日除く)

お問い合わせ    nttls.smktg.jpサイトへ移動します

メルマガ登録

皆様が育成を考える際のヒントになるような情報をお届けしております。ご興味ある方は以下よりご登録ください。

登録フォーム    nttls.smktg.jpサイトへ移動します

ウィンドウを閉じる