6. 今そこにある失業の危機…

今そこにある失業の危機…

ボーリングピンのセット係、アイスカッター、ネズミハンター、電話交換手。
これはかつて存在した職業です。しかし、これらの職業は既に消えてなくなってしまいました。当時は消えるなんて考えもしなかったことでしょう。それと同様に、今当たり前に存在している職業も決して安泰ではありません。

AIやIoT技術の進展に伴いオートメーション化が更に進むことから、2027年には「65%の若者が今世の中にない仕事に就く」とも言われています。(2011年 米デューク大学 キャッシー・デヴィットソンの予測)
先日、東京ビッグサイトで「AI・人口知能EXPO」が開催されたのですが、歩くスペースもないくらいの大盛況ぶりでした。AI時代は、もう「すでに始まっている」のかもしれません。

このような時代に、「企業として」また「個人として」淘汰されず生き残るためには、一体どのような力が必要なのでしょうか。
最近、若手層を中心に「主体性(自分の意見や考え方を持ち、主体的に行動する力)」を強化したいという要望が増加しています。その中で、「指示を待たず、目の前の課題を提案に変え自ら実行する力」を身に付けさせたいといった相談がありました。

我々は、主体性のレベルを4段階に設定しています。

レベル1
言われたことだけやる人
レベル2
課題を見つけるが、文句だけしか言えない人
レベル3
アイデアはあるのに、「こうしたら良いのに」しか言えない人
レベル4
アイデアを実行に移し、周りに価値をもたらす人
おそらく、「AI」「IoT」という大きな波が来ると、レベル1~レベル3の人は淘汰されてしまう可能性が高いと思います。このような人が多い企業も同様ではないでしょうか。
これからの時代に必要な力。
それは「自ら課題を見つけ、解法のアイデアを出し実現していく一連の力」
つまり、レベル4の人が持つ力だと思います。
ある組織に、レベル4の人を育てるための研修を行いました。この研修の特徴は、能動的に研修に参加する「アクティブラーニング型」で、「決まった正解の無い問いに対するアウトプットが中心」、また「ディスカッションを通じてアウトプットを繰り返す」ことで、周りの意見をくみ取りながら自分で考え抜く力を養います。


テキスト抜粋

  • 「当たり前」から課題を見つける
  • 「できない理由」を「できる理由」に変える
  • その人になりきって「見える世界」を想像する
このようなワークを数多く実施することで、考え抜くマインドを醸成していきました。
その後のアンケートでは
  • 当社の事業内容の広がりは、我々社員の心掛け次第だということがわかった
  • 「できない理由」を「やらない理由」と捉えていたが、『克服すべき障壁』 という考えに繋がった
など、意識や視点に変化があったとの意見が数多く出ました。

その時にふと、ある言葉を思い出しました。

心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。
運命が変われば人生が変わる。

「レベル4」への意識変化が全ての始まりです。

あなたの組織・部下には「レベル4」の社員が何人いますか?

お問い合わせ

  • 06-6358-2969
  • 092-433-2580※九州エリアはこちら

【受付時間】9:00〜17:30
月〜金(祝祭日除く)

お問い合わせ    nttls.smktg.jpサイトへ移動します

メルマガ登録

皆様が育成を考える際のヒントになるような情報をお届けしております。ご興味ある方は以下よりご登録ください。

登録フォーム    nttls.smktg.jpサイトへ移動します

ウィンドウを閉じる