お問い合わせ
06-6358-2969 ※関西・中部エリアはこちら
092-433-2580 ※九州エリアはこちら
【受付】
9:00〜17:30 月〜金
(祝祭日除く)
お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

人材育成サービス
HumanResource Development

  1. NTT ラーニングシステムズ株式会社 西日本営業部
  2. 人材育成サービス
  3. 人材育成コンサルティング

人材育成コンサルティング

人材育成の考え方

組織力を高める方法の一つに「人の強化」があり、そのために「人材育成」が行われます。
「人材育成」というと、上司から指導する・研修を受けさせる、と安易に手段を考えていませんか?
人材強化の観点でみた組織力向上には、「環境」「当事者」「制度」の3要素があり、各々に起因事項があります。
これらのどの部分が問題なのか、理想とギャップを明らかにした上で、解決策を検討する事が重要であり、組織力強化に至る人材育成となります。

私たちは、人材育成のコンサルティング会社として、経営・組織の問題本質をお客様と共に追求し、ベストな解決策の策定~実行まで、トータルソリューションを行います。
定型的研修といった単なるパッケージ商品の提供ではなく、その企業・組織の課題に沿ったオリジナルな解決への具体策をもって支援する事が、私たちのミッションです。

ご相談の流れ

着手すべきフェーズ

人材育成の着手には二通りあります。
組織課題を洗い出す事は同じですが、会社・部としての育成全体像を創り出す「グランドデザインタイプ」か、まずは強化施策を実行する「スポットデザインタイプ」の何れかになります。

グランドデザインタイプ ~指針策定からの人材強化~

組織の問題本質を追究した場合、様々な課題が明らかになります。
特に最近多いのは、「全ての基となる指針・指標が無い」という事象が見受けられます。
事業計画やミッションから、「きっとこういったスキルが必要だ、じゃあこういう研修をしよう」と、一足飛びに集合研修の企画を考えてしまうシーンが多々あります。
なぜそのスキル・知識が必要なのでしょうか。
また、それは共通言語化され、上司・本人含めて全社員が、育成する意味・意義を分かっているでしょうか。
全社員が同じベクトルで強化に励むためには、その能力開発の必要性を理解する、目的を明確にする必要があります。
企業ドメインや経営戦略・事業部戦略を踏まえ、叶えることができる人材像、伴う能力・スキルを明らかにし、誰が見ても一目瞭然にまとめあげる事が、強化の基となる指針・指標となります。
育成担当者がどういった研修をすべきなのか立ち戻る目印として、上司・本人が育成する意味を理解して臨むために、指針・指標は重要なバイブルとなります。

スポットデザインタイプ~具体策実行からの人材強化~

グランドデザインは、構築後の社内展開まで考えると時間を要することも多く、まずは目前の課題を人材強化で早急にクリアしなければならない場合も多々あります。
その場合は、今の組織課題からどういった具体策が展開できるのかを先に着手・実行した上で、振返りの中で改めてグランドデザイン構築の再検討を行います。
スポットデザインも先述したように、「部のまとまりがないから、リーダーシップ研修をしよう」「販売力が弱いから営業力強化研修をしよう」と状況だけを見て研修を行う事は良くありません。
その状況が発生している問題本質を追究した上で、対象は誰か、その内容は何か、方法は何か、どういったカリキュラム・テイスト・講師がベストなのか、、、これらを企画設計し、実行まで総合プロデュースする事も私たちの強みです。

CONTACT

お問い合わせ

関西・東海・北陸・四国エリア

06-6358-2969

【受付時間】9:00〜17:30
月〜金(祝祭日除く)

九州・中国エリア

092-433-2580

【受付時間】9:00〜17:30
月〜金(祝祭日除く)

お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

pagetop
Copyright NTT Learning Systems Corporation,All Right Reserved.