お問い合わせ
06-6358-2969 ※関西・中部エリアはこちら
092-433-2580 ※九州エリアはこちら
【受付】
9:00〜17:30 月〜金
(祝祭日除く)
お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

人材開発サービス
HumanResource Development

  1. NTT ラーニングシステムズ株式会社 西日本事業部
  2. 人材開発サービス
  3. 人材育成のヒント
  4. 企業の人材育成に欠かせないeラーニング 発展の経緯と今後

人材育成のヒント

企業の人材育成に欠かせないeラーニング 発展の経緯と今後

ITが浸透した現代、多くの社員がイントラネットやインターネットを使い、パソコンやスマホ、タブレットなどの端末を業務で使うことが当たり前となりました。そのなかで、企業がeラーニングを研修に取り入れることは珍しくなくなっています。eラーニングでの研修を受けたことがある人も多いのではないでしょうか。

eラーニングは、どのように始まり発展していったのでしょうか。歴史をひもときながら、現在eラーニングが、企業の人材育成にどのように取り入れられているのか、そして、今後の人材育成手法としてのニーズについて考えます。

eラーニングは90年代に始まり、インターネットとともに普及

eラーニング(electronic learning)という言葉が使われはじめたのは1990年後半といわれていますが、源流はそれ以前にあります。1960年に世界で初めて、コンピュータを利用した教育(CBT:Computer Based Trainingの略)プログラムが発表されました。その後、パソコンやインターネットの発展により、ウェブネットワークを利用した教育(WBT:Web Based Trainingの略)として広がっていきました。

日本では、2000年が「eラーニング元年」といわれており、2000年代に入ってから特に発展していきます。場所や時間を選ばず、パソコンやインターネットなどのインフラが整っていればローコストで実施が可能である等のメリットから、さまざまな学習の場で広がっていったのです。この流れのなかで、企業の人材育成ツールとしても取り入れられていき、現在では企業の人材育成ツールとして広く浸透しています。

企業の人材育成ツールとして定着しつつあるeラーニング

株式会社日本能率協会マネジメントセンターが2015年度に実施した「国内企業360社対象 e ラーニングに関する実施状況調査」によると、企業のeラーニングの導入率は80%。2013年度に実施された同調査の62.3%と比較すると、2年間で1.3倍に増加しているのです。

従業員規模別にみると、3000人以上の企業では90%以上、それ以下の企業でも70%以上の導入率となっており、多くの企業がeラーニングを人材育成の一環として導入していることがわかります。

eラーニングによる研修テーマの傾向とは

eラーニングを導入するテーマとして多く見られるのは、「階層や職務に関係なく必要とされるもの」です。また、グループワークのように集合研修を必要としない場合は、仕事のスケジュールを調整しながら個人で勉強する方が効率的であるため、導入されやすいといえるでしょう。

同調査によれば、最も多いテーマはコンプライアンスです。その次に、ビジネススキルおよびヒューマンスキル、情報セキュリティや個人情報保護、メンタルヘルスと続いています。

内定者教育や社内制度の周知といったその他のeラーニング活用事例

その他のeラーニング活用事例として、まず内定者教育としての活用があります。居住地やスケジュールの異なる内定者を一箇所に集めることなく、入社前に社員の人材育成を開始できるのは、eラーニングならではのメリットです。

また、社内の新しい制度等の周知、浸透を目的としたeラーニングの活用もあります。例えば、新しい人事制度を導入した際、マニュアルなどの配布だけでは社員が読まずに済ませてしまい、理解が進まないという場合があります。そこでeラーニングを導入して、社員の確認状況や理解度を把握するのです。修了していない社員にはリマインドのメールを送信することも可能なので、社員が目を通す状況を作り出すことができます。

スマホやタブレットは、今後のeラーニング導入を後押し

スマホやタブレットの普及により、営業職など移動時間の多い職種の社員が、すき間時間を活用してeラーニングに取り組めるようになりました。前出の調査では、eラーニングの導入理由に「スマホやタブレットでの受講が可能」である点を挙げた企業は、2015年度で25.3%となっています。これは、2013年度の7.5%と比べると3倍以上の増加です。

また、総務省の発行する「平成28年度 情報通信白書」によれば、スマホとタブレットの普及率は上昇し続けており、今後もスマホやタブレットでの利用を念頭に置いて、eラーニングを導入する企業が増加すると予測できます。

今後は営業職のみならず、働き方改革のなかで、在宅での勤務やオフィス以外での勤務も広がっていくと考えられます。場所や時間にとらわれない企業の人材育成の一環として、eラーニングのニーズや重要性は、ますます高まっていくといえるでしょう。

■関連情報
e-ラーニングシステム ELNO(エルノ)
eラーニングシステム「ELNO」無料体験版はこちらから

メルマガ登録

皆様が育成を考える際のヒントになるような情報をお届けしております。
ご興味ある方は以下よりご登録ください。

登録フォーム

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

CONTACT

お問い合わせ

関西・東海・北陸・四国エリア

06-6358-2969

【受付時間】9:00〜17:30
月〜金(祝祭日除く)

九州・中国エリア

092-433-2580

【受付時間】9:00〜17:30
月〜金(祝祭日除く)

お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

pagetop
Copyright NTT Learning Systems Corporation,All Right Reserved.

教育研修プログラム(研修体系MAP)

階層別

・カテゴリ

アセスメント研修

・研修名

管理者昇格研修

・カテゴリ

ビジネススキル

・研修名

経営幹部研修 管理職研修(MBO:目標管理) 中堅社員(次期リーダー)研修 若手研修 新入社員研修

ビジネス共通

・カテゴリ

ビジネス基礎(コンセプチュアル)

・研修名

ロジカルシンキング研修 問題解決研修

・カテゴリ

ビジネス基礎(ヒューマン)

・研修名

コミュニケーション研修 リーダーシップ研修 ネゴシエーション・プレゼンテーション研修

・カテゴリ

マネジメント

・研修名

組織マネジメント研修 部下指導力強化研修

・カテゴリ

経営・ビジネス開発

・研修名

経営戦略研修 技術経営(MOT)研修 ビジネス開発研修

・カテゴリ

CSR・財務

・研修名

CSRコンプライアンス 情報セキュリティ対策・個人情報保護研修 知的財産研修

・カテゴリ

採用

・研修名

採用面接官トレーニング

業務特化

・カテゴリ

営業系

・研修名

ソリューション営業力強化研修 営業同行指導 営業マネジメント研修

・カテゴリ

技術系

・研修名

プロジェクトマネジメント研修 OpenStack基礎講座 ビックデータを用いたデータ分析研修

・カテゴリ

店舗・コールセンタ系

・研修名

コンタクトセンターマネジメント 店舗活性化コンサルティング フロアマネジメント 店舗内提案力・ツール活用強化研修 クレーム応対研修 CS向上研修 覆面調査(ミステリコール・ミステリショッパー)