お問い合わせ
06-6358-2969 ※関西・中部エリアはこちら
092-433-2580 ※九州エリアはこちら
【受付】
9:00〜17:30 月〜金
(祝祭日除く)
お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

人材開発サービス
HumanResource Development

  1. NTT ラーニングシステムズ株式会社 西日本事業部
  2. 人材開発サービス
  3. 人材育成のヒント
  4. OJTの成功はリーダー次第 失敗しないOJT制度とは?

人材育成のヒント

OJTの成功はリーダー次第 失敗しないOJT制度とは?

多くの会社が社員の人材育成のために取り入れている手法のひとつ、OJT。「On the Job Training」の略で、実際の職場で業務トレーニングをする手法です。主に新入社員の育成プログラムとして実施される場合が多く、職場の上司や先輩社員が教育係「OJTリーダー」として指導に当たります。

この制度の成功は、OJTリーダーにかかるといっても過言ではありません。
OJTリーダーの役割、OJTのメリットとデメリット、そして、OJTリーダーの重要性と会社のケアについて、新入社員の育成を例にとって考察します。

OJTのメリットとデメリット

OJTリーダーの役割は、新入社員と一緒に業務に取り組むことです。新入社員は、OJTリーダーの仕事を見ることでスムーズに仕事の流れを覚えられますし、社会人としてのふるまいや慣習も身につけられます。

新入社員とリーダー双方の成長

OJTの大きなメリットは、仕事そのものや社会人としての対応などの実践力を自社で育成できる点です。
また、教えられる新入社員だけでなく、教えるリーダー側も共に成長できることもメリットに挙げられます。
人は、「自分が知っていることを後輩に教える」ということを通じて、自分も成長することができるからです。

社会経験の少ない新入社員にとっては、わからないことがあったらすぐに聞ける環境なので、心配事や不安でストレスを抱えずに済むことも大きなメリットです。

業務負荷と質、OJTリーダーにかかるプレッシャー

メリットしかないように思えるOJT制度ですが、デメリットもあります。
そのひとつは、リーダーの負荷が大きいこと。リーダーは、日々の業務をこなしながら新入社員の面倒を見るため、物理的な業務量と心理的なプレッシャーにより負荷が増えます。

また、悩みの多い新入社員のメンタルケアも、新入社員にとっては大きなメリットですが、OJTリーダーにとっては負荷のひとつともいえます。
OJTリーダーに新入社員をメンタル面でのフォローをしてもらいたいという理由もあり、一般的に入社5年前後の社員がリーダーを担当することが多いのですが、年齢の面で新入社員に近く、フォローしやすくなる反面、全面的に悩みを引き受けてしまいがちなので心理的負荷が増加してしまうのです。

さらに、OJTの成果が、リーダーの質に左右されやすい点もあります。
多くの時間を過ごすことになるリーダーの質が低いと、教えられる側の仕事の質も当然下がりますし、モチベーションも上がりません。最初に間違った仕事の仕方を覚えてしまうと、その修正にまた別途指導が必要になるなど、時間も手間もかかってしまいます。

成功に必要なことはOJTリーダーの働きと会社のケア

OJTを成功させるには、前述した業務負荷や心理的負荷、リーダーの質といった課題をクリアする必要がありますが、そのためには会社のケアが必要不可欠です。

まず、OJTの意図や目的を会社と共有します。リーダーが困ったときや悩んだときに相談できるような仕組みも作っておきましょう。また、OJTリーダーの質を高め、ばらつきが出ないようにするためにも、OJTリーダーに向けて事前の研修が必要です。

OJTリーダーにすべてを任せるのではなく、会社としてしっかりとフォロー体制を整えることで、OJTの仕組みは機能するのです。

リーダーも新入社員も共に成長できるOJTを

OJTリーダーは、自分の業務と部下の育成と2つの重責を担います。OJTリーダーと新入社員は、どちらも大切な会社の財産です。
OJTの失敗で両者共倒れ……という結果を招かないためにも、OJTリーダーに配慮した人材育成の仕組みの構築を目指しましょう。

メルマガ登録

皆様が育成を考える際のヒントになるような情報をお届けしております。
ご興味ある方は以下よりご登録ください。

登録フォーム

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

CONTACT

お問い合わせ

06-6358-2969
092-433-2580 ※九州エリアはこちら
【受付】
9:00〜17:30 月〜金
(祝祭日除く)
お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

pagetop
Copyright NTT Learning Systems Corporation,All Right Reserved.

教育研修プログラム(研修体系MAP)

階層別

・カテゴリ

アセスメント研修

・研修名

管理者昇格研修

・カテゴリ

ビジネススキル

・研修名

経営幹部研修 管理職研修(MBO:目標管理) 中堅社員(次期リーダー)研修 若手研修 新入社員研修

ビジネス共通

・カテゴリ

ビジネス基礎(コンセプチュアル)

・研修名

ロジカルシンキング研修 問題解決研修

・カテゴリ

ビジネス基礎(ヒューマン)

・研修名

コミュニケーション研修 リーダーシップ研修 ネゴシエーション・プレゼンテーション研修

・カテゴリ

マネジメント

・研修名

組織マネジメント研修 部下指導力強化研修

・カテゴリ

経営・ビジネス開発

・研修名

経営戦略研修 技術経営(MOT)研修 ビジネス開発研修

・カテゴリ

CSR・財務

・研修名

CSRコンプライアンス 情報セキュリティ対策・個人情報保護研修 知的財産研修

・カテゴリ

採用

・研修名

採用面接官トレーニング

業務特化

・カテゴリ

営業系

・研修名

ソリューション営業力強化研修 営業同行指導 営業マネジメント研修

・カテゴリ

技術系

・研修名

プロジェクトマネジメント研修 OpenStack基礎講座 ビックデータを用いたデータ分析研修

・カテゴリ

店舗・コールセンタ系

・研修名

コンタクトセンターマネジメント 店舗活性化コンサルティング フロアマネジメント 店舗内提案力・ツール活用強化研修 クレーム応対研修 CS向上研修 覆面調査(ミステリコール・ミステリショッパー)