お問い合わせ
06-6358-2969
092-433-2580 ※九州エリアはこちら
【受付】
9:00〜17:30 月〜金
(祝祭日除く)
お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

人材開発サービス
HumanResource Development

  1. NTT ラーニングシステムズ株式会社 西日本営業部
  2. 人材開発サービス
  3. 人材育成のヒント
  4. 地方創生で求められる人材「地方創生コーディネーター」とは?その背景と期待される役割について

人材育成のヒント

地方創生で求められる人材「地方創生コーディネーター」とは?その背景と期待される役割について

地方創生の成功を左右する要因のひとつに「人材」が挙げられます。地域活性化のアイデアを出して、その実現に向けて中心的な役割を担う存在として重要視されているのが、「地方創生コーディネーター」です。
地方創生の現場でコーディネーターが求められる背景、そして期待されている役割について紹介します。

地方創生コーディネーターが求められる背景

現在の地方創生の取り組みは、従来のような工場誘致やリゾート開発のような箱物型の施策と異なって、地域の資源を活かすことが求められています。また、地方創生は自治体のみならず、多くの企業、団体、組織が関わります。

しかし、これまで行われていた取り組みは、自治体、商工会、観光協会、農協漁協といった各団体がそれぞれ実施することがほとんどでした。所属の各分野に通じた人材はいたとしても、地域を広くとらえる視点を持ったまとめ役の人材がいなければ、地域全体での包括的な取り組みはできません。

どの地域にとっても、あまり事例のない新しい取り組みのため、それを担うことができる人材の確保が重要となります。

どんな人材が求められているのか

地方創生の取り組みを成功させるために必要なことは、価値ある資源を見つけることだけではありません。プロジェクトを実行して結果を出すまでの過程で手厚いフォローが必要です。
また、プロジェクトを円滑に進めていくためには、高いマネジメント力や交渉力、提案力が求められます。さらに、地域の魅力を掘り下げる力や多業種に精通した知識なども、企画の過程で必要です。

適任は地域外の人材、という場合も

地域を先入観なく客観的に見ることで、初めて気づく魅力や資源もあります。場合によっては、地縁・血縁といったしがらみにより、地域内の人材だけではうまく調整できないこともあるので、「地域外の人材」が適任な場合もあります。

このように、専門的な能力や客観的な視点を兼ね備えた人材は、なかなかいるものではありません。それゆえ、地方創生コーディネーターのようなスペシャリストの必要性が高まっているのです。

地方創生コーディネーターに期待される役割とは

こうした点を踏まえて、地方創生コーディネーターに期待される役割は大きく2つあります。

1. 価値ある資源の発掘

まずひとつは、本来は価値があるにもかかわらず、埋もれてしまっている地域内の資源を発掘し、地方創生の起爆剤のタネを探すことです。

資源に「これ」という形はありません。例えば、地域の特色を出した独自の取り組みを行っている企業や、地域の特産物などを数多く取り扱っている道の駅なども資源です。ほかには、学校や商業施設、地元の人しか知らない食材なども、資源と呼べます。

地方創生において大切なのは、資源に人を呼び込む価値があるか、資源の価値を高めることで需要があるかなどを客観的に判断する視点です。こうした点を踏まえながら価値ある資源を発掘することも、地方創生コーディネーターの大きな役割のひとつといえます。

価値を磨くことも仕事のひとつ

なかには、まだ価値があるとはいえないものの、企画次第で高い付加価値を持つものもあります。こうした資源のタネに気づき、形にしていくためには、高い企画力や提案力が必要です。こうした点も、地方創生コーディネーターに求められている要素のひとつです。

2. 地方創生のためのプランニング・支援

もうひとつは、地域外から人を呼び込むため、資源をつなぎ合わせて魅力的なビジネスプランを提案したり、プロジェクトの実施に際して必要な交渉や支援をしたりする、という点です。

複数の資源を組み合わせたプランニングの提案

資源のタネには、単体では価値が低かったり、要素が足りなかったりするものもあります。こうした課題を見つけ、2つ以上の資源を組み合わせ、人を呼び込む新たな価値として企画提案したりすることも、地方創生コーディネーターに期待される役割です。

例えば小学校と地元企業が連携すれば、特産品を利用した子ども目線の新商品が開発でき、全国的に魅力的な商品を売りだすことができるかもしれません。企業と学校が連携すれば、幼いころからビジネスに即した教育ができる可能性もあります。

地方創生コーディネーターとして大切なのは、「資源それぞれの特性を理解する」「地域外の需要を見極めたうえで、連携を提案し、推進する」ことなのです。

プロジェクト実施に際する交渉や支援

プランニングの段階を終えて、プロジェクトを実施する際、やるべきことはたくさんあります。例えば、関係各所との交渉や進捗の確認、解決すべき課題の整理や、解決のための支援なども含まれます。このように、プロジェクト全体を俯瞰的にとらえ、推進する原動力となるのがコーディネーターの仕事です。

地方創生コーディネーターは、地域内の人材だけでは難しいさまざまな部分を補佐し、進めてくれる心強い存在といえます。
一方、交渉力や提案力、マネジメント力といった幅広い能力が必要となるため、そのような人材をすぐに確保することは難しいです。
総務省をはじめ、民間団体においてもコーディネーターの養成を支援する動きが出ています。若者を中心に、地域の活性化に意欲を持つ人をコーディネーターとして育成していくことも、今後、地方創生の取り組みのなかで必要になってくるでしょう。

■関連記事

人を育む地方創生 教育を切り口とした地方創生の取り組みと課題

■弊社の取り組み状況

 

関連する記事

メルマガ登録

皆様が育成を考える際のヒントになるような情報をお届けしております。
ご興味ある方は以下よりご登録ください。

登録フォーム

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

CONTACT

お問い合わせ

関西・東海・北陸・四国エリア

06-6358-2969

【受付時間】9:00〜17:30
月〜金(祝祭日除く)

九州・中国エリア

092-433-2580

【受付時間】9:00〜17:30
月〜金(祝祭日除く)

お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

pagetop
Copyright NTT Learning Systems Corporation,All Right Reserved.

教育研修プログラム(研修体系MAP)

階層別

・カテゴリ

アセスメント研修

・研修名

管理者昇格研修

・カテゴリ

ビジネススキル

・研修名

経営幹部研修 管理職研修(MBO:目標管理) 中堅社員(次期リーダー)研修 若手研修 新入社員研修

ビジネス共通

・カテゴリ

ビジネス基礎(コンセプチュアル)

・研修名

ロジカルシンキング研修 問題解決研修

・カテゴリ

ビジネス基礎(ヒューマン)

・研修名

コミュニケーション研修 リーダーシップ研修 ネゴシエーション・プレゼンテーション研修

・カテゴリ

マネジメント

・研修名

組織マネジメント研修 部下指導力強化研修

・カテゴリ

経営・ビジネス開発

・研修名

経営戦略研修 技術経営(MOT)研修 ビジネス開発研修

・カテゴリ

CSR・財務

・研修名

CSRコンプライアンス 情報セキュリティ対策・個人情報保護研修 知的財産研修

・カテゴリ

採用

・研修名

採用面接官トレーニング

業務特化

・カテゴリ

営業系

・研修名

ソリューション営業力強化研修 営業同行指導 営業マネジメント研修

・カテゴリ

技術系

・研修名

プロジェクトマネジメント研修 OpenStack基礎講座 ビックデータを用いたデータ分析研修

・カテゴリ

店舗・コールセンタ系

・研修名

コンタクトセンターマネジメント 店舗活性化コンサルティング フロアマネジメント 店舗内提案力・ツール活用強化研修 クレーム応対研修 CS向上研修 覆面調査(ミステリコール・ミステリショッパー)