お問い合わせ
06-6358-2969 ※関西・中部エリアはこちら
092-433-2580 ※九州エリアはこちら
【受付】
9:00〜17:30 月〜金
(祝祭日除く)
お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

人材開発サービス
HumanResource Development

  1. NTT ラーニングシステムズ株式会社 西日本事業部
  2. 人材開発サービス
  3. 人材育成のヒント
  4. 人を育む地方創生 教育を切り口とした地方創生の取り組みと課題

人材育成のヒント

人を育む地方創生 教育を切り口とした地方創生の取り組みと課題

「地方創生」はローカル・アベノミクスとも呼ばれ、国の重点施策のひとつに挙げられています。
全国各地でさまざまな取り組みが行われていますが、多くは地場産業や観光の振興、創業支援や移住促進といったものが中心です。そのなかで、「教育」に着目した取り組みも存在します。
地方創生の切り口のひとつである、ICTを学校教育に利活用した導入事例を紹介しましょう。

都市と地方の教育格差をなくすICT(Information and Communication Technology)とは

ICTは、「情報通信技術」と訳されています。IT技術を用いて距離の壁を取り払い、どこにいてもだれとでもコミュニケーションを取ることができる技術という意味で使われることが多くなりました。IT(Information Technology)とほぼ同じ意味の言葉ですが、コミュニケーションが取れる点を重視し、「Communication」という単語が加えられています。

教育インフラなど地方が持つ課題とその解決に役立つ

少子高齢化が進む現在、学校の統廃合や、教育インフラ、人材不足などの課題を抱えた自治体が数多くあります。場合によっては自治体内で満足な教育が受けられず、子どもの教育環境を優先してやむなく別の地方へ転居したり、子どもが親元を離れて暮らしたりすることもあるのです。

ICTを利活用することによって、こうした課題を解決し、教育格差を解消することが期待されています。ICTによって、場所を問わずに離島や農山村でも都市部と変わらない教育を受けることができますし、ほかの学校との合同授業など、工夫次第で質の高い教育が受けられるようになります。

すでにいくつかの地方で導入が進んでおり、アンケート結果では「児童の学びなどに対して役立つ」と答えた教員が8割を超えるなど、高く評価されています。

教育ICTを導入して課題に取り組む事例

ここでは、教育現場でICTを導入した事例を2つ紹介します。

事例1)ICTを使った遠隔授業導入(島根県隠岐郡島前地区)

島根県隠岐郡島前地区は3つの有人島からなる離島地域です。
2010年、地域の公営塾として「隠岐國学習センター」が設立されました。島前地区には地域唯一の高校「隠岐島前高校」がありますが、進学を希望する高校生向けの塾や予備校がなかったため、都市部との教育格差を解消することが設立の目的でした。

2013年からは島前地区の中学校の指導も開始。それぞれの島に指導スタッフが巡回し、授業を行っていました。しかし離島ゆえに天候条件が悪い日は船が欠航となり、スタッフが移動できず休講になることもありました。
その解決策として、隠岐國学習センターから各島へ授業を生中継し、遠隔授業を行ったのです。それを可能にしたのが動画配信システムの活用でした。遠隔授業が可能になったことで、指導スタッフが行き来する必要もなくなり、天候による休講もなくなりました。

現在は中学校への遠隔授業のみならず、地区の高校生を対象に、島を離れた卒業生が指導してくれる「遠隔兄さん姉さんシステム」などユニークな取り組みをしています。

事例2)ICTによる喬木(たかぎ)第一小学校と喬木第二小学校の合同授業(長野県喬木村)

小規模校と適正規模校をICTで結び、合同授業を実施している事例です。喬木村には第一小学校と第二小学校の2つの学校がありますが、山に囲まれた立地の第二小学校が小規模校となっています。通学時間の課題などから、2つの学校を統合するのが難しいという事情がありました。

そこで導入されたのが、両校をテレビ会議システムで結んだ合同授業です。電子黒板やマイク、タブレットなどを使うことで、グループ学習も可能となっています。授業では生徒同士の意見交換も活発に行われており、教育の質を維持するという目的以外に、同じクラス以外の生徒たちの考えを知る機会にもなっているようです。

将来の地域の担い手を育てる

豊かな自然に囲まれたなかで学び、育つことができるという点も、地方ならではの利点のひとつ。自然から学べることはたくさんあります。教育を受けるために都市部に引っ越すことで、自然に触れる機会が少なくなってしまうのはもったいない面もあります。

教育とはテスト勉強や受験対策だけではありません。すばらしい自然や文化、伝統といった地域の資源に触れることも、教育のひとつです。このような資源に触れて育ち、地域への愛着を持った子どもたちのなかから、将来、地域の活性化に貢献する人材が出てくるかもしれません。

今後、「地方=十分な教育を受けることができない」といった課題を解決する手段として、ICTのさらなる普及が期待されます。

■関連記事

地方創生で求められる人材「地方創生コーディネーター」とは?その背景と期待される役割について

■弊社の取り組み状況

メルマガ登録

皆様が育成を考える際のヒントになるような情報をお届けしております。
ご興味ある方は以下よりご登録ください。

登録フォーム

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

CONTACT

お問い合わせ

関西・東海・北陸・四国エリア

06-6358-2969

【受付時間】9:00〜17:30
月〜金(祝祭日除く)

九州・中国エリア

092-433-2580

【受付時間】9:00〜17:30
月〜金(祝祭日除く)

お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

pagetop
Copyright NTT Learning Systems Corporation,All Right Reserved.

教育研修プログラム(研修体系MAP)

階層別

・カテゴリ

アセスメント研修

・研修名

管理者昇格研修

・カテゴリ

ビジネススキル

・研修名

経営幹部研修 管理職研修(MBO:目標管理) 中堅社員(次期リーダー)研修 若手研修 新入社員研修

ビジネス共通

・カテゴリ

ビジネス基礎(コンセプチュアル)

・研修名

ロジカルシンキング研修 問題解決研修

・カテゴリ

ビジネス基礎(ヒューマン)

・研修名

コミュニケーション研修 リーダーシップ研修 ネゴシエーション・プレゼンテーション研修

・カテゴリ

マネジメント

・研修名

組織マネジメント研修 部下指導力強化研修

・カテゴリ

経営・ビジネス開発

・研修名

経営戦略研修 技術経営(MOT)研修 ビジネス開発研修

・カテゴリ

CSR・財務

・研修名

CSRコンプライアンス 情報セキュリティ対策・個人情報保護研修 知的財産研修

・カテゴリ

採用

・研修名

採用面接官トレーニング

業務特化

・カテゴリ

営業系

・研修名

ソリューション営業力強化研修 営業同行指導 営業マネジメント研修

・カテゴリ

技術系

・研修名

プロジェクトマネジメント研修 OpenStack基礎講座 ビックデータを用いたデータ分析研修

・カテゴリ

店舗・コールセンタ系

・研修名

コンタクトセンターマネジメント 店舗活性化コンサルティング フロアマネジメント 店舗内提案力・ツール活用強化研修 クレーム応対研修 CS向上研修 覆面調査(ミステリコール・ミステリショッパー)