お問い合わせ
06-6358-2969 ※関西・中部エリアはこちら
092-433-2580 ※九州エリアはこちら
【受付】
9:00〜17:30 月〜金
(祝祭日除く)
お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

人材開発サービス
HumanResource Development

  1. NTT ラーニングシステムズ株式会社 西日本事業部
  2. 人材開発サービス
  3. 人材育成のヒント
  4. 他社との交流で得られるメリットとその可能性とは?

人材育成のヒント

他社との交流で得られるメリットとその可能性とは?

ひところ流行した異業種交流会は、個人的な人脈の拡大を目当てに行われるものでした。パーティーのような雰囲気でコミュニケーションできるため、会社の仕事を通じた出会いとは一味も二味も違う体験となります。そこから仕事に役立つアイデアや人脈が生まれることも……。

そうした背景を経て、他社との交流会が広まりつつあります。個人がプライベートな人脈を広げるためではなく、企業が社員の能力向上を目的に行うのです。人材育成の一環として取り入れたい他社交流について、メリットや必要性、今後の動向に着目してお伝えします。

他社との交流で生まれるメリットとは?

会社でいつも通り業務をするだけでは、同じ職場、自分と同じ業務に携わる人としか、知り合いになるチャンスがありません。そうした環境で働き続けると、外部からの刺激が著しく少ない閉鎖的な状態になりがちです。そこから抜け出すために、自ら刺激を求めてさまざまな交流会に参加する人もいるでしょう。

他社交流で生まれるメリットは、普段縁のない人や知識と出会える点です。そこから、新たなビジネスチャンスや事業連携の機会が得られるなど、仕事上のメリットが生まれる可能性も大。さらに、積極的に他者とコミュニケーションするため、精神的にもリフレッシュします。日々同じ業務の繰り返しで停滞していた気分も変わるでしょう。

なぜいま、他社との交流が必要なのか

多様性が求められる社会になってきたいま、自社の企業文化だけになじんだ人材では対応しきれません。さまざまな環境や立場の人に寄り添い、問題解決する力が必要な時代だからです。想像力や発想力など、ソフト面の業務に役立つような能力が求められています。

他社の人たちとの交流で刺激を受けたり学んだりすることで、自社の活動だけでは体験できない世界を知ることができます。そこからイメージを広げ、これまでと違った視点で物事を捉え、考えることができるようになれば、日々の仕事にも良い影響が出るでしょう。多様性を知ることは、社会に求められる人材の育成に役立ちます。

他社との交流は今後どのように発展するか

単発のイベントではなくもう一歩進んで、「他社で一定期間就業」という交流を取り入れる企業もあります。インターンシップや出向の形をとることになりますが、これも他社交流のひとつです。より深い理解を得られるので、他社交流で生まれるメリットが最大限に活かされるでしょう。

自社ではなく他社で行うインターンシップ

学生が、社会人や業務の体験をするのがインターンシップ。半年前後のごく短期間が一般的で、就職活動の一環として学生が自主的に取り組むケースと、企業が内定者に取り組ませるケースがあります。この内定後のインターンシップを、自社でなく他社で実施する企業も出てきているようです。学生のうちに体験した他社業務は、自社で就業してからも役立つでしょう。その体験は、広い視野で仕事に取り組むための助けになります。

異業種の企業に出向させる意味は?

これまでの出向は、ほとんどの場合、関連企業や同業他社など、本来の業務に何らかの関係があるところを選んでいました。最近では、出向先の業種にはこだわらないと考える企業も出てきています。狙いは、「自社では体験しえない業務を出向で体験させ、多様性のある人材の育成に役立てる」ことです。

他社との交流で社会に貢献できる人材を育てる

企業の人事部で企画される人材育成には、さまざまな目的とスタイルがあるでしょう。他社交流を自社の社員に行わせることで、広い視野を持つ人材の育成に役立ちます。自社のみにとどまらず、社会に貢献できる人材に欠かせない多様性を、他社交流で育みませんか?

■関連記事

IoT分野のセミナー・勉強会が人気!人材育成に生かすには?

■弊社の取り組み状況

他社交流シリーズ「AI合同ビジネス企画検討会(第二期)」を開催します

他社交流シリーズ「IoTビジネス企画検討会(第四期)」を開催します

メルマガ登録

皆様が育成を考える際のヒントになるような情報をお届けしております。
ご興味ある方は以下よりご登録ください。

メルマガ登録

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

CONTACT

お問い合わせ

関西・東海・北陸・四国エリア

06-6358-2969

【受付時間】9:00〜17:30
月〜金(祝祭日除く)

九州・中国エリア

092-433-2580

【受付時間】9:00〜17:30
月〜金(祝祭日除く)

お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

pagetop
Copyright NTT Learning Systems Corporation,All Right Reserved.

教育研修プログラム(研修体系MAP)

階層別

・カテゴリ

アセスメント研修

・研修名

管理者昇格研修

・カテゴリ

ビジネススキル

・研修名

経営幹部研修 管理職研修(MBO:目標管理) 中堅社員(次期リーダー)研修 若手研修 新入社員研修

ビジネス共通

・カテゴリ

ビジネス基礎(コンセプチュアル)

・研修名

ロジカルシンキング研修 問題解決研修

・カテゴリ

ビジネス基礎(ヒューマン)

・研修名

コミュニケーション研修 リーダーシップ研修 ネゴシエーション・プレゼンテーション研修

・カテゴリ

マネジメント

・研修名

組織マネジメント研修 部下指導力強化研修

・カテゴリ

経営・ビジネス開発

・研修名

経営戦略研修 技術経営(MOT)研修 ビジネス開発研修

・カテゴリ

CSR・財務

・研修名

CSRコンプライアンス 情報セキュリティ対策・個人情報保護研修 知的財産研修

・カテゴリ

採用

・研修名

採用面接官トレーニング

業務特化

・カテゴリ

営業系

・研修名

ソリューション営業力強化研修 営業同行指導 営業マネジメント研修

・カテゴリ

技術系

・研修名

プロジェクトマネジメント研修 OpenStack基礎講座 ビックデータを用いたデータ分析研修

・カテゴリ

店舗・コールセンタ系

・研修名

コンタクトセンターマネジメント 店舗活性化コンサルティング フロアマネジメント 店舗内提案力・ツール活用強化研修 クレーム応対研修 CS向上研修 覆面調査(ミステリコール・ミステリショッパー)