お問い合わせ
06-6358-2969 ※関西・中部エリアはこちら
092-433-2580 ※九州エリアはこちら
【受付】
9:00〜17:30 月〜金
(祝祭日除く)
お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

人材育成サービス
HumanResource Development

  1. NTT ラーニングシステムズ株式会社 西日本営業部
  2. 人材育成サービス
  3. 事例紹介
  4. 一担当からのステップアップ

事例紹介

一担当からのステップアップ

業務に取り組んでいく内に、自分が任せられた担当の業務は経験を積む事で知識や技量等が深まって来ると思います。

では、そこから一歩進んだ形でリーダーとして、プロジェクトを管理する側になった場合はどうでしょうか。

 

  • 今まで自分が経験した事をベースに「我流」で取り組む。
  • 所属している先輩方の「模倣」をする。
  • 所属している組織で規程されているルールやフォーマットを使う。

 

…等の方法で取り組まれる事が多いのではないでしょうか。

どの方法で取り組むにしても、プロジェクトマネジメントのそもそもの基礎や知識といった要素が必要になってきます。

しかし、その基礎や知識はどうやって身につければよいでしょうか。

資格試験や書籍からでは、学術的過ぎて実際の業務との乖離があったりして、独学で身に付けるには少ししんどい面があると思います。

 

そこで本研修では次期リーダー候補の方々に向けて、以下の目的とカリキュラムで、プロジェクトリーダー研修を企画、開催いたしました。

 

目的

本研修は単なるプロジェクトマネジメントに関する知識を付与する講義だけではなく、一般的な事例や実際の業務に近い業務事例を通して、講義で学んでいただいた事について、個人ワークやグループ演習を通じて身に付けていただく内容となっております。

  • プロジェクトマネジメントの進め方(PMBOK)についての概要の理解。
  • プロジェクトマネジメントの視点からみた自己の業務の再確認。
  • グループ演習・合意形成を通じたコミュニケーション力の向上。
  • プロジェクトの3要素(時間、コスト、対象)を通じた業務の見直しを行う。
  • より専門的なプロジェクトマネジメント研修へのステップアップとしての基礎を定着。

 

研修の全体像

3日間の研修の中で、前半は知識の付与と一般事例でプロジェクトに関する基本やフレームワークを学び、後半は一般事例を通して学んだ事を活かして、実際の業務に近い内容の業務事例を用いて、単にプロジェクトマネジメントで必要なアウトプットを作成するだけでなく、実際に現場で発生しがちなインシデントを設けて、対応を行う内容の研修となっています。

日程 1日目 2日目 3日目

■オリエンテーション
  1. プロジェクトマネジメントとは
    (プロジェクトマネジメントの基本を知る)
    【演習】
    ①身近なプロジェクトについて
  2. ケーススタディ(一般事例)の紹介
  1. プロジェクトの計画化(業務事例)
    【演習】
    ①要素成果物のリストアップ
    ②WBS作成(作業分解)
    ③WBSからネットワーク図(PDM)を作成
    ④クリティカルパスの抽出
  1. インシデント演習①続き
  1. インシデント演習②

  1. プロジェクトの立ち上げ(一般事例)
    【演習】
    ①目標の明確化
    ②ステークホルダーの特定
    ③プロジェクト憲章の作成
  2. プロジェクトの計画化(一般事例)
  3. ケーススタディ(業務事例)の紹介
    【演習】
    ①要素成果物のリストアップ
    ②WBS作成(作業分解)
    ③WBSからネットワーク図(PDM)を作成
    ④クリティカルパスの抽出
    ⑤スケジュールの作成(ガントチャート) ⑥負荷の平準化
  4. プロジェクトの立ち上げ(業務事例)
    ①目標の明確化
    ②ステークホルダーの特定
    ③プロジェクト憲章の作成
  1. プロジェクトの計画化(業務事例)続き
    【演習】
    ⑤スケジュールの作成(ガントチャート)
    ⑥負荷の平準化
    ⑦リスク要素の抽出(BS法)
    ⑧定性的・定量的リスクへの分類
    ⑨リスクマトリクス作成(発生確率・影響度)
  2. 進捗管理
  3. インシデント演習①
  1. インシデント演習③
  1. インシデント演習④
  2. プロジェクトの終結

 

受講生の声

  • 自分の職場以外の人の考え方を学ぶ機会になるので、こういったテクニカル以外の研修をうけてほしい
  • 最初にプロジェクトマネジメント関係で受ける研修としても、案件に関わる人たちに必要な知識としても、よい研修であると思った為。
  • 作業者レベルの視点からプロジェクト全体を見渡す視点へスキルアップするきっかけを与えてくれることが可能だと思います。
  • プロジェクトの全体像を把握するには良いきっかけだと思う
  • なかなか時間をとって詳しく学べる分野ではないので機会があれば推薦したい
  • 実務経験はあるものの、一連の工程を詳細に教わったことは無く、その都度、悩んだり、聞いたり、手探りで実施していましたので、今回の研修はすごく有益で、業務に役立ちます。
  • 日々淡々と業務をしていくだけでは我流になってしまうので土台作りとしては最適な研修

 

 

お問い合わせ

様々な企業の人材育成をサポートしてきたノウハウをもとに御社の成長をサポートいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ よくあるご質問

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

よくあるご質問

CONTACT

お問い合わせ

関西・東海・北陸・四国エリア

06-6358-2969

【受付時間】9:00〜17:30
月〜金(祝祭日除く)

九州・中国エリア

092-433-2580

【受付時間】9:00〜17:30
月〜金(祝祭日除く)

お問い合わせ

nttls.smktg.jpサイトへ移動します

pagetop
Copyright NTT Learning Systems Corporation,All Right Reserved.